スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

東のエデン 劇場版 II Paradise Lostを見てきました。

本当は豊洲で見たかったんだけどね。ちょっとレビュー。
JUGEMテーマ:東のエデン
 
たまたま熊本に帰ってるときにあってたんで、見ちゃった。
なんとなく感想かきます。ねたばれ注意!ネタバレあります!



終わり方にちょっと違和感が。。。
なんか自分として物語をまだ消化できてません。

俺がちょっとアホなのか、1回見ただけじゃちょっとわからなかった。

最終的に1円ずつ配ったことで滝沢朗の行動力を見せつけておいて、
ちょっと考え方変えて働かないと今後日本の労働力奪っちゃうよって
脅したとこまではわかったんだけど、

それはニート達にとっては別に行動力あげることではないような気がした。
なんで豊洲での活動が活発化してたかわからなかった。
なんか滝沢君説明してたっけ?
ニートとして活動したら楽園に連れてってもらえるんだっけ?
活動したらニートじゃなくね。

あと、AIRSHIP経由で日本国民と通話してたときに、
ノブレス携帯を乗せていた本のタイトルが「KING LIAR」だった
気がするんだけど、そうだっけ?

滝沢君と森美咲の恋はちょっとどうでもよくね?(個人的

途中ででてきた滝沢君とバトンタッチして拉致られたニートはかっこよくね?

豊洲を拠点にニート達が活発になってきたって咲ちゃんが言ったあとに、
「でも、あんまり変わったことはないかな」って言ってた気がするけど、
自分で自分を否定してね?

物部さん(記憶無ver.)と、結城君が再会するシーンで、
―得爾鉢⊃佑鰊ねる音と車の衝突音とつ垢ぅラクションという
信じられない音を間近で聞いていて、かなり近い場所で起きてるって知っていながらも、
滝沢君含め、咲ちゃん他複数名が無視して、
「で、どうだったの?」みたいに話を続けまくったのは、いったいなに?
一番リアリティに欠けてた場所だったような。。。

最後にMr.OUTSIDEをスリッパでスパーンとして、
「まだまだ俺たちにはやることがあるんだからさ」
っていったあとにノブレス携帯が映されて、
1番から12番まで番号が光ってなんだかゲージが増えて、
いかにもまたセレソン12人選んで100億円チャージされたみたいにも
取れる演出はなんなのさ。

黒羽さんは尻見せにきただけ?

などといろいろ消化できませんでした。

もうブルーレイ&DVD出てるから買って確認しろってことか。
そういうことか。

まさか完結とみせておいてまだ続編あるんじゃないだろうな?
なにはともあれ、一応完結ということで。
面白かったです。

at 23:10, きの, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

アドレナリン

評価:
---
東宝
(2007-11-23)
コメント:バイオレンス。 展開にハラハラします。 基本的にいつもクライマックス。

 アドレナリン という映画をDVDレンタルして観ました。
JUGEMテーマ:洋画

主演はジェイソン・スティサム。
トランスポーターが有名です。
私もトランスポーターで彼を知りました。
ストイックな雰囲気を持つ彼がかっこいい!と感じる人も多いでしょう。

「アドレナリン」のあらすじは、
”興奮すると脳内で出されるアドレナリンを出し続けないと死んでしまう”毒をマフィアに主人公が打たれるところから始まります。
興奮するために主人公が様々なことをしていきます。

それがすべてです。
それだけかよ!って感じですが、それが面白かったです。
興奮するためにバイオレンスなシーンの連続となるのでお子様に見せるときは注意が必要でしょう。

こういうバイオレンス映画のいいところは、主人公とか敵が妙に強すぎないところですね。
変なカンフー使ったり、変な空手ボーイが出てこないところがいいです。
この作品も別に主人公が技とかを持ってるわけではないので、見やすい、というかリアルに感じてしまいます。

個人的にはコンビニで物を袋につめていくシーンが印象的でした。
なんでだろう。

とにかく、ずっと興奮するために、ずっと頑張るところがミドコロ。

観た後、しばらくは自分の行動がおおざっぱになると思います。
というか、なりました。

血とか、暴力とかが苦手じゃない人にとっては面白い映画だと思います。

とってもオススメ。

at 22:39, きの, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark