<< スポーツ観戦 | main | 天空の舟 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

アドレナリン

評価:
---
東宝
(2007-11-23)
コメント:バイオレンス。 展開にハラハラします。 基本的にいつもクライマックス。

 アドレナリン という映画をDVDレンタルして観ました。
JUGEMテーマ:洋画

主演はジェイソン・スティサム。
トランスポーターが有名です。
私もトランスポーターで彼を知りました。
ストイックな雰囲気を持つ彼がかっこいい!と感じる人も多いでしょう。

「アドレナリン」のあらすじは、
”興奮すると脳内で出されるアドレナリンを出し続けないと死んでしまう”毒をマフィアに主人公が打たれるところから始まります。
興奮するために主人公が様々なことをしていきます。

それがすべてです。
それだけかよ!って感じですが、それが面白かったです。
興奮するためにバイオレンスなシーンの連続となるのでお子様に見せるときは注意が必要でしょう。

こういうバイオレンス映画のいいところは、主人公とか敵が妙に強すぎないところですね。
変なカンフー使ったり、変な空手ボーイが出てこないところがいいです。
この作品も別に主人公が技とかを持ってるわけではないので、見やすい、というかリアルに感じてしまいます。

個人的にはコンビニで物を袋につめていくシーンが印象的でした。
なんでだろう。

とにかく、ずっと興奮するために、ずっと頑張るところがミドコロ。

観た後、しばらくは自分の行動がおおざっぱになると思います。
というか、なりました。

血とか、暴力とかが苦手じゃない人にとっては面白い映画だと思います。

とってもオススメ。

at 22:39, きの, 映画

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 22:39, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。